CSR活動メッセージ

その信頼は、美しいまちづくりと環境保全のために
”環境と経済が両立した循環型社会”の形成のため、地域と地球の環境保全に積極的に貢献しています。


【品質環境方針】及び【情報セキュリティ基本方針】

品質環境方針

私たちは、当社の事業活動をおこなうにあたっては、常に社内外の環境との調和を主要な課題として位置づけています。
良好な自然環境を健全な形で次代に継承するため、お客様の要望を満たす活動を推進します。

①  私たちの事業活動が、社内外の環境にどのような影響を及ぼすかを常に探求し、マネジメントシステムの継続的改善に全従業員で取り組みます。

②  私たちの、事業活動に関連する法規制、及び私たちが同意するその他の要求事項を遵守します。

③  私たちは、当社事業活動においてプラスワンの取組みを心がけ、以下の項目については優先的に推進します。

イ  顧客満足の向上

ロ  人材の育成

③  私たちはこの方針達成のため、目標を設定し、具体的展開をはかるとともに、定期的にその見直しを行います。



情報セキュリティ基本方針

私たちは、常にお客様第一のサービスを提供し、社員全員が高い志をもって事業の継続的発展に寄与するため、情報セキュリティマネジメントシステム「ISO27001」を取得します。

①  情報セキュリティ基本方針

1)会社のもつ情報を資産として捉え守るべき事項を明確にします。

2)情報に係わるリスクを分析し、対応すべき事項を明確にします。

3)これら資産とリスクについて、法的要件を確認しルールを定め順守します。

対象業務:機密文書処理業務

②  情報セキュリティマネジメント目的

1)情報資産を明確にし、これを活用して経営目標を達成すること。

2)情報資産上のリスクを明確にし、経営目標としてこれを低減させること。

3)これらのマネジメントのバランスをとることにより社内の発展・改善手段として定着されること。

4)従業員が情報セキュリティ基本方針、管理策を認識し、主体性をもつこと。

③  情報セキュリティマネジメント手法

1)情報セキュリティ上の資産価値とリスク、脆弱性を明確にし、計画的に対応する。

2)事業活動において法規制と法的要求事項を常に認識し、これを順守する。

3)資産価値とリスクの重要度を鑑み、必要な投資、人員対策を計画実行する。


この方針は、全従業員に周知徹底を図るとともに、一般に公開します。



平成30年6月1日
クリーンシステム株式会社
代表取締役社長 田口 幸隆